気づき

「わかったつもり」は、「わからない」よりも質(たち)が悪い

「わかったつもり」で結局はわかっていなかった

「2828_文脈とスキーマ(1)」でブログ記事「痒い所に手が届いていないもどかしさ」を取り上げていただきまして、ありがとうございました。

会社の往復通勤時間(バスの中)と会社で視聴しましたが、ズシンと心に響く内容でした。

昨日のブログにも書いたように、「この文章はこういう意味なんだろう」と勝手な思い込みをし、管理人さんに指摘していただくまで、自分の解釈が間違っていることに気が付かなかったのです。

管理にさんの言葉、「わからないほうがいい、わからないことを素直に認めることから、全てが始まる」を聞いて、本当にそうだな、と思いました。

「自分が実はわかっていないことを知る」ことが、今の自分のスタート地点です。

これは、かなりガチガチに固くなった脳地を耕す必要がありますね。

半年くらいでチコちゃんの突っ込み&その回答を自作自演できるような柔軟な脳地にパワーアップさせたいと思います。

焦らない

「その分野の対訳を取るだけの常識力がない。そこを焦ってチキショウとやっても仕方がないので、一歩引いて、本を読んだ方が早いのではないか」

これもビデオ内の言葉です。

確かに、その分野の知識の獲得を優先する必要がありました。

これまでも少しずつ本読みを進めていましたが、対訳と同時進行ではなく、その分野の本を先に集中して読み、ノート作成するべきだったと、反省しています。

なぜそれをしなかったのか?

焦っていたからです。

自分がトライアルを受けたい、また特許翻訳者として稼働したい日から逆算すると、そろそろ対訳学習を始めなければ、予定より遅くなってしまうと思っていたからです。

しかし、闇雲に逆算したからといって、中身を伴わなければ何の意味もない。

日銭を稼ぐような翻訳者にならないためにも、ちょっとやそっとじゃ崩れないベースを作り上げておく必要がある。

しっかり念頭に入れ、軌道修正を試みます。

軌道修正

対訳はひとまず中止し、2冊の本のノート作成することから始める予定です。

”はじめての半導体プロセス (現場の即戦力) 単行本(ソフトカバー) – 2011/7/23 前田 和夫 (著)” :クリックするとAmazon商品ページ
”はじめての半導体リソグラフィ技術 (現場の即戦力) 単行本(ソフトカバー) – 2011/12/8 岡崎 信次 (著), 鈴木 章義 (著), 上野 巧(著)”  :クリックするとAmazon商品ページ

急がば回れで、足りない知識の補充に専念します。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です