アラフォーならぬアラフィフ文系女子が、超一流フリーランス特許翻訳者になるため、子育てや家事をしながら日々学習に全力投球!翻訳、仕事、特許、学習、子育て、日常などをブログに綴ります。
トライアル

こんなに悔しい思いをしたのは久しぶり:トライアル不合格

トライアル不合格通知

待ちに待ったトライアルの結果通知…のはずだったのに、とても残念なお知らせとなってしまいました。

実はこのトライアル課題の分野を、自分の得意分野にするつもりだったのです。

そのため、かなり力を入れて課題を訳出しました。

時間の許す限りこのトライアルと向き合った、真剣勝負そのものでした。

なのに、不合格。

本当に、本当に本当に悔しいです。

どれくらい悔しいかと言うと、地面に倒れこんでいるアイキャッチ画像の女性くらい。

内容を理解して訳出したつもりだったので、何が悪かったんだろう?と考えました。

ありがたいことに、あるご好意により、このトライアルに関してのフィードバックをいただくことができました。

フィードバックをその場でさっと確認したところ、「ああ、ここだったのか」と判明。

積極ミスに近いものでした。

また、自分の訳は、用語や言葉の使い方がぎこちないということも分かりました。

すごく考え抜いて訳したはずが、やはり合格点に達していない代物だったと、納得しました。

このフィードバックを見た時点で別のトライアルに取り組んでいたので、ゆっくり時間を費やすことができず、まだちゃんと見直ししていません。

しかし落ち着いたら、この不合格だったトライアルを、しっかり骨の髄までしゃぶりつくす勢いで見直します

自分の知識不足だということは否めません。

このトライアルを見直したところで、次のトライアルに100%合格するほど甘くないと分かっています。

しかし、同じ失敗は絶対に繰り返さないぞ!と自分に誓いました。

これまでの自分なら、不合格通知を見て、「ああ、自分は実力がないんだ、トライアルに合格するはずないんだ」と奈落の底まで落ち込んでいたはず。

でも今回は、悲しさより悔しさの方が数十倍上なんですよね。

次回もまた真剣勝負で、もちろん合格を目指してトライアルを受けてやるぞ!と闘志に火が付きました。

もちろん、いくら闘志に火が付いたところで、実力がなければトライアルに合格するはずもありませんが。

不合格だったとしても、失敗から学ぶことで、らせん階段を少しでも登っていくつもりです。

今は自分の失敗にしっかり向き合い、今後の闘いで勝利の女神を手に入れます。

待ってろよ、勝利の女神!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です