フリーランス翻訳者が、子供たちの未来のために子育て・学習・教育に全力投球!英語や日常で役立つ情報もどんどん発信していきます。
仕事

たいして専門知識が必要ない実ジョブなんて存在する?

お金をいただいて仕事をするなら、それなりの誠意と姿勢と知識を相手に提示するべきなのでは?

ちょっと、つぶやきたい気分なので、ここでつぶやきます。

つぶやくなら、Twitterにしろ、と自分でツッコミたいところですが。

それは、まぁ、おいといて。

先ほど、ある文章を目にして、「それはどうなのかな」とちょっと反感を持ってしまいました。

その文章の要約としては、

「マニュアルとかホームページなら、専門知識はさほど必要ない」

です。

…。

そんな考えで翻訳(仕事)したら、お客様のために(あるいはお客様を獲得するために)、時間とお金と頭、その他諸々を使って、一生懸命マニュアルやホームページを作成した会社に対し、ものすごく失礼なんじゃないかな、と私は思うのですが。

というか、マニュアルの翻訳に携わったことがありますが、「特許翻訳やIT翻訳と比べると楽チン♪」だなんて、まったく思いもしませんでした。

ホームページだって、いろんなタイプのものがありますよね。

昔、航空関連の会社で働いていたときに、ホームページやパンフレット、広報などの翻訳に携わりましたが、全然簡単じゃありませんでしたよ。

また、別の例として、私が愛用していたニコンのホームページ

これ、簡単に翻訳できますかね?

平易な言葉で書いてあるからって、翻訳が簡単とは限りません。

平易な言葉で書いてあるからこそ、翻訳が難しいことだって多いにあります。

上記のようなうたい文句につられて、「マニュアルやホームページの翻訳なら専門知識がそんなにいらないんだ。じゃあ、マニュアルかホームページを専門で翻訳しよっかな」なんて言われたら、「うちの会社をなめてんのか」と、翻訳を頼む側は激怒すると思います。

少なくとも、私が会社経営をし、ホームページやマニュアルを作って誰かに翻訳を頼もうと思ったら、その分野の専門とする人物にお願いするはずです。

結局、自分の言いたいことは、

どんな案件であれ、「大して専門知識はいらない」という姿勢で仕事をしては、お金を払ってくださる相手に対し、ものすごく失礼じゃないか

です。

ということで、本日のつぶやきでした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です