アラフォーならぬアラフィフ文系女子が、超一流フリーランス翻訳者になるため、子育てや家事をしながら日々学習に全力投球!翻訳、仕事、特許、学習、子育て、日常などをブログに綴ります。
日常

臆病者は行動に移すことが怖いが、挑戦しなければ何も始まらない

臆病者で、なかなか行動に移せなかった過去

かなりの小心者で、人前に立つことが苦手、また何かをするには石橋を叩いて、また叩いて、さらにまた…と、10回くらい叩いてから渡るような性格をしています。

なのでブログに関しても、受講開始から数か月という長い期間、他の受講生の様子を見て自分なりに納得してから、ようやく開始しました。

また、いきなり「岡野の化学」で学習を始めてもついていけないような気がして、NHKの高校講座「化学基礎」や「化学のドレミファ」から手をつけ始めたという超臆病者です。

*自分のような文系女子が、化学や物理を独学するのは、遠回りになると思います。
 他に逃げず、最初から「岡野の化学」と「橋元の物理」の視聴で学習することをお勧めします。

そんな自分ですが、今日、ちょっとだけ大胆な行動に出ました。

どんなものなのかは、残念ながら今のところお伝えできません。

この行動が、凶と出るか、吉と出るか、乞うご期待です。

行動力

ふと、「いつからこんな風に、自主的に行動するようになったんだろう?」と考えました。

やはり、レバレッジ特許翻訳講座を受講し始め、管理人さんから「夢子マインドを捨てろ」、「自分で考えて行動しろ」と、口酸っぱく耳だこ状態で、処刑叱咤激励をいただいたからでしょう。

行動してみたら失敗してしまった、という経験もありました。

しかし、動いてみなかったら、その後に待っている世界を知らないまま、年を重ねてしまうことになるのかもしれません。

何もやらずに後悔したくない、今できることを、できる限り努力しながら、少しでも前に進んでいきたい、そんな欲求が日に日に強くなってきています。

「失敗を超高速で繰り返せ」が今のモットーです。

失敗の経験が血と涙となり、やがて知識と資産に変わっていくのなら、失敗も悪いものじゃないな、と思えるようになりました。

ということで、明日も行動あるのみ。

前進します。

*念のため記載しておきます。

上記は、「むやみやたらに行動するのではなく、いろいろ考慮した上で行動する」、ということです。

臆病者だった頃は行動することが怖かったため、「こんなすごいことは、私なんかには無理だよな。」と、考慮することすらあきらめることが多々ありました。

私なんかにはできない」マインドを捨て、「どうしたらできるようになるか」を考え、それを行動に移してみるようになってきました。

これが、以前に比べ「進歩したな」と思える、自分なりの変化です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です