アラフォーならぬアラフィフ文系女子が、超一流フリーランス翻訳者になるため、子育てや家事をしながら日々学習に全力投球!翻訳、仕事、特許、学習、子育て、日常などをブログに綴ります。
日常

ダダ洩れの感情を吐き出した後の決意

TOEICの点数がもととなり、自分の中の闘志に火が付いた

*下記のブログ記事は、私自分の醜い感情がダダ洩れで、なおかつ表現もきついため、読んでいて不快に思われる方がいるかもしれません。ご注意ください。

削除しようかと悩みましたが、1年後、5年後に振り返ったときのために、この記事は残しておくことにしました。

 

上司のTOEICの結果が出た。

970点だった。

自分が4年ほど前に受験したとき、950点だった。

上司の結果を聞いたとき、なんだかイラついたし、妬みもあった。

なぜ?

それは、自分の方が、上司より英語が上だと思っているから。

仕事で英語を使用するが、自分の翻訳の方が上司のよりも質が高いと確信しているから。

なのに、TOEICの点数だけを見れば、上司より自分の方が英語能力が低いと周りから思われてしまう。

そう考えると、悔しい気持ちがフツフツと湧き上がってくる。

じゃあ、TOEIC満点を目指して、上司を見返す?

あるいは、上司の持っていない英検1級に合格して、リーディングやリスニングだけでなく、スピーキングもできるとアピールすれば満足できるのか?

答えは「ノー」。

上司のように、TOEICで高得点を取得するためだけの勉強や、英検1級に合格するためだけの勉強は、無意味だからしたくない。

TOEIC高得点、英検1級を獲得していることを自慢をして、承認欲求を満たすのも絶対にヤダ。

もう「検定依存ステージ」は卒業した。

冷静に考えてみれば、950点であろうと、970点であろうと、今の生活をしていく上で何も変わらない。

990点満点を取ったところで、高年収の職が手に入るわけでもない。

でも、この悔しい気持ちはどうすればいい?

早く特許翻訳者になって、今の上司よりも稼ぐ!!

いや、よく考えたら、上司よりも稼ごうとか、そんなことを目標にするのもバカげている。

他人と自分を比べるのは、全く無意味。

これは自分との戦いであり、自分のしていることや自分の稼ぎに満足し、QOLが上がって幸せになれればそれでいいはず。

結局、

「特許翻訳者になることを今の最優先の目標とし、それを達成した後は自分で満足のいく生活をして、QOLアゲアゲで幸せになる」

これしかない。

1年後には特許翻訳者として稼業開始し、5年後には家族全員を養っていけるだけの稼ぎにして、カナダに移住する。

やってやる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です