アラフォーならぬアラフィフ文系女子が、超一流フリーランス翻訳者になるため、子育てや家事をしながら日々学習に全力投球!翻訳、仕事、特許、学習、子育て、日常などをブログに綴ります。
学習

トライアルを検討する

トライアル応募を予定より早める

去年12月に今後3.5か月間の計画表を作成し、ガントチャートを机の目の前に貼りつけました。

この計画通りに事を勧めると、3月末~4月にかけてトライアルを応募することになっています。

今はまだリソグラフィ技術の知識固めをしている状態で、この後に対訳、トライアルレビュー、CVの修正、トライアル先の最終チェックと応募が待ち構えています。

しかし最近、内的・外的プレッシャーがかかりはじめ、「トライアル受けなくては」と思うようになってきました。

これまでに行ったトライアル関連の準備

実は内的(自分の心)プレッシャーが元となり、12月28日にトライアル関連のファイル作成と、トライアルレビューのフォルダー振り分け・整理をしていたのです。

そして今日、管理人さんのブログを見て、「やっぱりトライアルに応募すべき」と決断しました。

トライアルレビューは、約1年前にトライアルレビュー(半導体)を1件分やったのみです。

対訳も、約1年前に取り組んだ全固体電池(公開訳文あり)のものが3件と、露光装置関連(公開訳文あり)が途中までという、全くお話にならない状態。

しかも、全固体電池に関しては、今は全く学習していない分野です。

こう見ると、「こんなんじゃ、トライアル落ちるに決まってるじゃんか」と我ながら呆れちゃいますね。

準備不足もいいところ。

しかし、それでもやらなくてはいけない、と感じています。

ということで、近々CVの修正、トライアル応募先の選定をし、できる限り多くのトライアルレビューを視聴していきます。

トライアルレビューの量と選択

トライアルレビューの本数ですが、自分がまとめた限りでは全30件。

トライアル1件が1本のビデオセミナーで完結している短いトライアルレビューもありますが、10本という長編も存在しています。

あるビデオセミナー内で、管理人さんが「トライアル関連のビデオセミナーを全部見るのは前提」とおっしゃっていましたが、今回の応募前に全部視聴し終えるのは時間的に不可能です。

ですので、まずは自分の専門分野としたい半導体関連のビデオ、それと最近の傾向を知るために新しいトライアルレビューから手を付けていこうと思っています。

ちなみに、トライアルレビュー以外のトライアル関連ビデオセミナー、いわゆるトライアルの応募先、準備、マインドセットなどの内容のものは、約70本ありました。

これもできるだけ早く視聴し、ノート作成しなければいけませんね。

決めたらさっさと始めろ

死ぬ気で頑張るつもりですが…特攻隊のように当たって砕け散るのが目に見える状態で突き進むのは、心痛いです。

胃も痛くなりそうです。

公開処刑も待ち構えていると思うと、はっきりいって吐きそう。

でも、決めました。

まずは、トライアル先を決め、相手をしっかり研究し、CVをカスタマイズするところから始めます。

いつ?

今、この瞬間から。

よーい、ドン!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です