アラフォーならぬアラフィフ文系女子が、超一流フリーランス翻訳者になるため、子育てや家事をしながら日々学習に全力投球!翻訳、仕事、特許、学習、子育て、日常などをブログに綴ります。
学習方法

モニターが2台じゃ足りないと感じる今日この頃

翻訳作業環境の変化

皆さんの作業環境はどんな感じでしょうか。

自分の部屋はというと、PCに外付けモニター2台、外付けHDD2台、東プレキーボード、モノクロのレーザープリンター・複合機が、所狭しと並んでいます。

外付けHDDの1つ(8TB)は、主人と共有していますが。

もともとは、ノートPC1台から講座の受講を始めたのですが、ノートPCのみでの学習って結構ツライ!

画面も小さいということで、ノートPCに24インチのモニターを外付けしました。

やはり、大きなモニターというのは快適ですね。

何といっても、見やすい!

アラフィフで老眼鏡リーディンググラスを買った身なので、文字がちっちゃすぎると困るんですよ。

ということで、1年ほど前からノートPCと24インチモニターを机の上に置くようになりました。

そんな快適さもつかの間、講座での学習が進むにつれ、いろんな資料を開いたり、ノートの作成をしたりと、机が狭くなってしまったのです。

また、ノートPCの画面の大きさと外付けモニターの大きさが違うことから、やはり使いづらいなと思うようになってきました。

もうこれは、思い切って24インチモニターをもう1台買っちゃうしかない!と購入を決定。

晴れて同じ大きさのモニター2台のデュアルディスプレイへと変化を遂げました。

その結果、現在はノートPCを閉じた状態でデスク下に収納し、24インチモニター2台+キーボードで作業をしています。

画面上でカスケード表示にしなくてもいいのって、翻訳者にとってありがたいことですよね。

クリックを1回でも少なくすることで、作業効率を上げたいと思うので。

必要な情報がすべて画面上に表示されていれば、「あのインフォメーションはどこにいっちゃった?」目が泳ぐことも少なくなりますし。

1年ほど前に購入したので今は新しい型が出ているかと思いますが、購入したモニターはこちらです。

ちなみに、もともとキーボードも2000円程度の主人のお下がりを使っていたのですが、自分の誕生日祝いとして東プレのキーボードを購入しました。

この東プレキーボード、2000円のものとは比べ物になりません。

この押したときのタッチの軽快さやキーストロークの快適な深さを体験すると、ノートPCについているキーボードの浅さ、安物キーボードの硬さがいかに使いづらいものだったかを認識させられます。

肩こりの原因はこれだったか!みたいな。

それはともかく、モニター2台で作業している、という話に戻します。

最近まではデュアルディスプレイでそれなりに快適に学習や翻訳作業をしていました。

しかし、今年に入ってから、いろいろなアプリケーションを同時に開くことが多くなってきたのです。

例えば、インターネットで検索するときなどに使うGoogle Chrome(時々Firefox)や、ノート作成に使うWordだけでなく、用語集などの資料関係で使うExcel、知子の情報、メーラー、Tradosなどなど。

EBWinやLogophileの辞書機能も、翻訳者としてかかせませんね。

ビデオセミナー視聴にはVLC media playerを起動させますし、翻訳作業に秀丸を活用することもあります。

毎回ではありませんが、E’storageもちょくちょく登場します。

その他にも細かい作業に使うアプリケーションソフトもあるので、調べ物をしているときには、24インチのモニターが2台あっても、画面がいっぱいいっぱいになってしまうのです。

そこで、時々猫の手も借りたくなってiPad Proが登場するのですが、やはりモニターがほしいと思って今うんですよね。

モニター2台から3台へアップグレードしたいが…

24インチのモニター3台あったらいいのにな…。

そう夢想するのですが、実現するには問題が発生するのです。

購入するお金がない!という金銭的な問題ではありません。

裕福とは言い難い生活をしているのも事実ですが。

机の上に3台もモニターを置く場所がないという、物理的問題なのです。

いえ、3台置こうと思ったらおけると思います。

こうすれば。

お借りした画像はモニターが6台分ですが、この半分でご想像ください。

あるいは、こうするか。

近い将来翻訳者も、投資家のように多重構造化させたモニターで作業することが当たり前になるのかもしれませんね。

こちらのように。

しつこいですが、モニター画面を今以上に広く使えるようになりたいです。

しかし、縦置きにすると、モニターの背面の壁がふさがってしまうというデメリットも出てきてしまいます。

部屋の壁、特に目の前にある壁は自分のノートと化しているので、このデメリットは痛い。

この狭い机の上に3台のモニターを並べるのがいいことかどうか考えてみる必要があるので、3台目を購入するとしても、もう少し先のことになりそうです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です