アラフォーならぬアラフィフ文系女子が、超一流フリーランス翻訳者になるため、子育てや家事をしながら日々学習に全力投球!翻訳、仕事、特許、学習、子育て、日常などをブログに綴ります。
気づき

大きな計算間違い

昨日の学習記録で、「目指せ、コピー用紙1万枚!」と書きました

 

しかし、大きな間違いをしていました。

 

受講開始以来、消費したコピー用紙の箱は、約3箱になります。

1箱に2500枚(500枚×5パック)入っているので、すでに7500枚くらい消費していることになります。

自分の場合、7500枚のコピー用紙の消費をしてもまだ、特許翻訳者としての稼働を果たしていない状態です。
なので1万枚=1mそこそこでは、理想としているレベルに達するなど到底無理です(自分の実力では、ということですが)。

自信を持って「プロの特許翻訳者だ」と言えるようになるには、少なくとも3倍は必要になるのではないでしょうか。

ということで、昨日のブログ内容を、こちらで訂正します。

キリンの鼻先までコピー用紙が届く頃(約5m)には、それなりに自信がついていることでしょう。

 

how-tall-is-a-Giraffe-e1521352760478.jpg

 

ということで改めて、

目指せ、コピー用紙5万枚!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です