アラフォーならぬアラフィフ文系女子が、超一流フリーランス翻訳者になるため、子育てや家事をしながら日々学習に全力投球!翻訳、仕事、特許、学習、子育て、日常などをブログに綴ります。
学習記録

学習記録(12/16/2018 – 12/22/2018)

ビデオ視聴

・2891_女子会のススメ
・2890_トライアルとの向き合い方
・2894_しょぼい起業
・2886_メタファー操作と検索力
・2878_CV作成とトライアル挑戦
・2884_翻訳者はなぜ数学を学ぶべきなのか
・2895_コンテンツビジネスのためのネタ出しテクニック
・2900_CV作成の第一歩
・2901_アウトプットとは何か
・2888_視野検査のススメ

その他

・今後3か月半分の計画表作成
・はじめての半導体リソグラフィ技術 p55-74

自分のブログ記事を成仏させるには

ビデオセミナー「2905_ブログ記事を成仏させる方法」で、挑戦:すべての知識を「20字」でまとめるを取り上げていただき、ありがとうございました。

ブログで照明系の用語を20字にまとめる練習をしたことは、悪いことではなかったと思いますが、方向性が全く間違っていましたね。

ビデオセミナー内で、「大枠が大事。エッセンスは何ですか?」と問われ、そういえば、上記のブログ記事内で、「照明系とは」の本質に全く触れていなかったな、と思い返しました。

あまりにも管理人さんと自分の視点が違っていたため、今回、「2905_ブログ記事を成仏させる方法」を数時間かけてワードファイルに文字起こしをし、検索した画像なども貼りつけ、何がどう違うのか徹底的に差を見つめてみることにしました。

思考のずれを、「まねぶ」ことで修正する

いつも、思考がずれていることに、管理人さんからアドバイスをいただいた後にやっと気がつくのです。

ずれ、というのか、物事を広くとらえていない、というのか。

一生懸命考えているつもりでも、いつも木ばかりを見ていて、森が見えていない。

バーズアイビューで多角的に物事を捉えられないため、「じゃあ結局、ここのコアは何なの?」と聞かれても、答えに困ってしまうのです。

これでは、ブログ記事も中途半端すぎて、成仏できないですね。

不遊霊と化した前回のブログ記事を成仏させるため、ビデオセミナー内での教えに沿って、記事を書き直してみます。

まずは管理人さんが使用していたメタファ―「影絵」を「まねる」ことにより、「まねぶ」を経験し、そこから「まなぶ」に進んでいきたいと思います。

相手に刺さる文章を書く

11月中旬にGoogle Adsenceの審査に合格し、それ以来広告やアフィリエイトに関心を持ち始めました。

しかしほとんど何も考えず、適当にアフィリエイトリンクを貼ったりしていたという杜撰さのせいで、前回(Adsence開始の月)のGoogle Adsence収益は、なんと18円でした。

女子会でもこれをネタにして、同席のお二人に笑ってもらったんですよね、実は。

ちなみに、Google Adsenceは収益が8000円に達しないと支払いが発生しません。

この調子だと、支払われるまでに444か月、ということは約37年かかります。

いや、それはちょっと…。

そこまでいくと、生きてるかどうかもわからないし…。

今回のビデオセミナー内の説明で、「自分の文章では、相手に刺さらない=アフィリエイトという観点からしたら、無価値」と身に染みて理解しました。

これだったか、収益18円の原因は。

今現在、アフィリエイトで食べていこうと思っているわけではないので、アフィリをする必要はありません。

じゃあ、アフィリをやめちゃえばいいんじゃないのか?

いえ、やめる気はありません。

それは、「相手に伝わる文章を書く練習をするため」に利用したいからです。

そして、今後、別のブログを立ち上げる際、また別の形でビジネスを立ち上げることになった場合、この「相手に伝わる文章を書く」ことを武器にしたいのです。

学ぶことが山ほどあり、全然前に進んでいないような錯覚に陥ることもありますが、1年前はまだブログすら始めていないゼロの状態だったわけですから、少なくとも1歩は前進しているようです。

来年には読者に刺さるアフィリ記事を書くことができているのでしょうか?

1年後のブログとGoogle Adsenceの収益がどうなっているのか、我ながら楽しみです。

今日の一言

独創のコツは努力の持続とここ一番のバクチ根性。

広中平祐

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です