アラフォーならぬアラフィフ文系女子が、超一流フリーランス翻訳者になるため、子育てや家事をしながら日々学習に全力投球!翻訳、仕事、特許、学習、子育て、日常などをブログに綴ります。
日常

使わないと損をする、無料で本が読めるPrime Reading

Amazon Primeは、配送特典だけじゃない

 

ここ数年、Amazonに、特にAmazon Primeにお世話になることが多くなってきました。

配送料金が無料かつ翌日配送してくれる「配送特典」だけでなく、子供たちにアニメや映画を見せたりするときに、「prime video」をよく使います。

先月は、「Prime Wardrobe」を利用してビジネスシューズを購入し、「こんなサービス展開もしているのか!」と感動しました。

Prime Readingって?

上記のバナーからもわかるように、プライム会員であれば、Kindle Unlimitedを利用しなくても、無料で本が読めるサービスです。

「だったら、Kindle Unlimitedを解約して、Prime Readingにすれば節約になるよね」、と思うかもしれません。

しかし、Kindle UnlimitedとPrime Readingとは、サービスが違うのです。

一番大きな違いは、タイトル数です。

Kindle Unlimitedが百万冊以上の中から選べるのに対し、Prime Readingは数百冊。

選択肢の幅を広くしたいのであれば、やはりKindle Unlimitedを使用するか、書籍を購入する必要がありますね。

Prime Readingで、どんな本が読めるの?

選択肢は少なめですが、よく見れば面白そうな本もあります。

カテゴリー
  • 小説・評論
  • ビジネス・経済
  • 趣味・暮らし
  • 絵本・児童書
  • コミック
  • 雑誌
  • 洋書

例えば、去年話題になったこの本。

また、バイオ系の本でしたら、こんなのもあります。

今の自分だと、こんなタイトルの本に魅かれちゃいますね。

洋書もありますが、多くは旅行用ガイドブックのようです。

余談ですが、以前に添乗員をやっていたこともあり、覚えている限りではこれまでに34の国々を訪れました。

ガイドブックを開くと、いろいろな思い出がよみがえってきます。

また、英語で書かれた子供向けの絵本やスパイダーマンなどのコミックなどあるので、お子さんに英語教育を考えている場合は、うまく利用できるかもしれませんね。

Amazonで時間も販売してほしいと思う、今日この頃

管理人さんにいただいたたくさんの書籍や、ビデオセミナー視聴時に購入した本が、狭い部屋の中で山積み状態になっています。

学習と並行して、本からのインプットも増やしていきたいところです。

神様、1日100時間ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です