アラフォーならぬアラフィフ文系女子が、超一流フリーランス特許翻訳者になるため、子育てや家事をしながら日々学習に全力投球!翻訳、特許、学習、子育て、日常などをブログに綴ります。
料理・お菓子

子供と一緒に、楽しく簡単に作れるドームケーキ

今回は「ロールちゃん」でドームケーキに挑戦

世の中はクリスマスイブでにぎわっていますが、我が家は通常運転です。

いや実際、通常運転よりも忙しかったかも。

というのも、掃除、洗濯、今日の食事プラス今週2~3日分の食事の準備もしなくてはいけないという状態でした。

我が家には、クリスマスを祝うという神聖な気持ちもなく、クリスマス気分にひたるものは何もありません。

あ、一応、ジンジャーブレッドハウスだけはありますね。

実は、クリスマスケーキもプレゼントも買わず、このまま年末年始に突入しようと思っていました。

しかし、さすがに低学年の子供たちがかわいそうになり、アクティビティーを用意することにしました。

そのアクティビティーとは、子供たちと一緒にドームケーキ作りをすることです。

それでは、作ってみましょう!

材料

まず、土台となる、ヤマザキのロールケーキを6本用意します。

その他に、ラップをかぶせたザル(あるいはボウル)、

200ml入り生クリーム、

砂糖16gを用意します。

生クリームと砂糖は、2セット分準備してくださいね。

また、生クリームを泡立てるためのハンドミキサー(泡立て器でも可)とボウル、生クリームをのばすためのスパチュラ、デコレーションに必要な絞り口や絞り袋、ラップも必要になってきます。

作り方

まず、ロールケーキ6本全てを、8等分します。

子供用のナイフなどで、お子さんに切ってもらってください。

全部切り終わったら、ラップをかぶせたザルやボウルに、どんどん敷き詰めていきます。

だいたいロールケーキの3本ちょっとを使用して、ドームの壁部分が全て敷き詰められる量になると、ちょうどいいかと思います。

この敷き詰め作業も、子供さんにやらせてあげるといいですね。

多少ロールケーキが潰れたり、高さがそろっていなくても、味は同じです。

家族で食べる分には、全然問題ありません。

そのあと、200mlの生クリームと16gの砂糖を大きなボウルに入れ、ハンドミキサーで泡立てます。

そして、先ほどのロールケーキを敷き詰めたザル(またはボウルなど)に、ドボンと入れちゃいます。

この生クリームを詰める作業も、子供さんにやらせてあげると喜びます。

生クリームがはみ出してもOK。

後ほどデコレーションするので、適当で大丈夫です。

つぎに、ドームの底の部分の敷き詰め作業です。

残りのロールケーキを使って、お子さんに詰めてもらってください。

出来上がりはこんな感じ。

ラップをかぶせ、冷蔵庫で数時間冷やしてください。

その間に、デコレーション用の生クリームを準備しておきます。

200mlの生クリームと16gの砂糖を混ぜ合わせます。

今度の生クリームは、ちょっとゆるめに作ります。

このくらいにツノがおじぎする感じでしょうか。

冷蔵庫で冷やしておいたケーキを取り出します。

この上に、先ほどの生クリームを薄く塗っていきます。

できればケーキ用のスパチュラがあると、塗りやすいですね。

この塗る作業も、お子さんにやってもらってもいいと思います。

この後にデコレーションをするので、塗り方がある程度雑でもかまいません。

ただ、あまりたくさん塗りすぎると、デコレーション用の生クリームが足らなくなるので注意してくださいね。

ここで、残っている生クリームをさらに泡立て、固いクリームに仕上げます。

これくらいですね。

この後のデコレーションは、面倒くさいようならドームの上から適当に生クリームを塗りたくれば、できあがりです。

これならお子さんにもできます。

ちょっとばかりデコレーションっぽくしたいのであれば、生クリームを絞り袋に入れて、飾っていくという作業に入ります。

今回購入した生クリームには、デコレーションができるように絞り口と絞り袋がついていました。

ちゃんとクリスマス使用になっているということですね。

しかし今回のケーキ作成には、以前から持っている絞り口と絞り袋を使用することにしました。

ずいぶん前にカナダで購入した Wiltonのデコレーション用のセットなのですが、日本では販売されていないようですね。

今ではカナダでも全く同じものは販売されていないようですが、自分の持っているものはこれとよく似ています。

今回は、こちらを使用。

絞っていきます。

*汚い手をお見せし、申し訳ありません。

まずは、ドームのてっぺんから順番にグルグルと円を描きながら、下りていく感じで。

最初はこんな感じです。

この絞り方が、多少粗くても全く問題ありません。

というのも、数多く絞っていくと、あまり気にならなくなるからです。

この絞りを、延々と続けます。

1、2、3、4…

50、60、70、80…

…398、399、400!!

完了しました!

さすがに400回も絞ると、修行のようです。

でも、これだけの数になると、1つ1つの絞りの大きさが問題にならなくなってくるんですよね。

それに慣れてくると、5分かからず絞り終えることができるようになります。

食べる直前まで、冷蔵庫で冷やしておいてください。

切ってみると、中はこんな状態になっています。

かなりクリームたっぷりのケーキです。

この市販のロールケーキ自体が甘いので、クリームは少し甘さ控えめにしてありますが、好みで調節してください。

子供と一緒に作ったため、完成までに時間がかかりましたが、自分ひとりでならそんなに時間はかかりません。

特にスポンジケーキを焼く作業がある場合は、前日からスポンジを作っておいて、一晩冷蔵庫で冷やすなどの手間が必要になりますが、このケーキならとてもお手軽に作れちゃいます。

デパートやケーキ屋さんで同じ大きさのケーキを買うと、軽く6000円~7000円はします。

まぁ、サンタさんの飾りや、季節はずれのイチゴがのっていたりするからという理由もありますが。

このドームケーキの費用は、2500円ほど。

子供さんもケーキ作りを楽しめるという良さもありますので、よかったら試してみてくださいね。



明日は本当に通常運転に戻る

本日はキッチンでかなりの時間を過ごしたため、ビデオセミナーの視聴がメインとなりました。

今日のうちに数日分のメインディッシュを準備しておいたので、明日はガッツリ机の前に座っての勉強時間を取りたいと思います。

ちなみに、J-PlatPatで、またメンテナンスのお知らせがありました。

明細書のダウンロードには、お気をつけください。

それでは皆様、メリークリスマス!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です