アラフィフ文系女子が、超一流フリーランス翻訳者になるため、子育てや家事をしながら日々仕事&学習に全力投球!翻訳、仕事、特許、学習、子育て、日常をブログに綴ります。
学習記録

学習記録(10/01/2019 – 10/07/2019) 今日で受講丸2年

今週の振り返り

 

ビデオ視聴

・3248_時間革命
・3231_ケーキの切れない非行少年たち
・3232_直感と論理をつなぐ思考法
・33251_受講生ブログへのコメント
・3252_世界で学べ
・3254_教え学ぶ技術
・3246_AIに負けない子供を育てる(5)
・3256_高速液体クロマトについて書く
・3258_用語確定レベルを知る
・3253_脳HACK大全
・259_すごいプレゼン
・動画メルマガ:翻訳レートをトライアル前に教えない理由
・動画メルマガ:独学でやれるタイプ・やれないタイプ

その他

・実ジョブ

今日で講座2年間終了

今日からちょうど2年前の10月7日、この講座の受講を開始しました。

膨大な量のビデオセミナーを延々とダウンロードしたなぁ、と懐かしくなります。

あ、ちなみに、本日で講座終了ではありません。

2017年12月までに入った第8期の受講生は、12月31日まで受講期間を無料でプレゼントしてもらえるという特典がついていたため、実際の卒業は12月末です。

ということで、もう少しお付き合いください。

ちょっとだけ振り返り

それにしても、受講中の2年間、本当にあっという間に過ぎました。

ビデオセミナー300本プレゼントで対訳シリーズを視聴し、実際に受講し始め、数か月間迷走した後に、やっと岡野の化学と橋元の物理に取り掛かる、という感じで始まったこの講座。

何度も公開処刑された経験があることからも、決して優等生ではありませんでした。

というか、「脳地ガチガチの劣等生 a la 夢子」だったのではないでしょうか。

「早くトライアルを受けろ」、と言われていたのにもかかわらず、実際にトライアルの応募を開始したのは、受講開始から1年と3か月半経った後でしたしね。

言いわけをするのはいけないとわかってはいますが、会社勤めをしていて、小学生の子ども2人の面倒を見ながら講座の学習を進めていくには、やはり限界があります。

体力的にも、精神的にも、これが精一杯でした。

また、体調を崩してからでは手遅れになってしまうという理由で、2018年12月に勤めていた会社を退職。

時間を手に入れるために、薄給ながらも安定した収入を捨てる決心をしました。

その決断をすんなりと受け入れてくれた主人に、今でも感謝しています。

トライアル応募から約半年間、たくさんのトライアルを受け、たくさんの不合格通知に落ち込みながらも、なんとか何社かに合格することができました。

そして本当にありがたいことに、現在、実ジョブをいただいています。

まだ猫の手要員的存在であることは否めませんが、翻訳者として仕事を受注できる状態までにはなりました。

最初は1000ワード程度の小さなチェッカー案件から始まり、今では1万ワード以上の翻訳案件を受注できるまでになったので、少しは成長できたな、と嬉しく思っています。

もちろんここで立ち止まるわけにはいきません。

成長曲線のカーブをやっと上り始めたばかりです。

ここで転げ落ちないように、一歩一歩、着実に進んでいくつもりです。

実ジョブ

実は、今抱えている案件は、以前に1度翻訳案件の打診が来たものの納期が合わず、結果的に受注することができなかった翻訳会社からのものです。

今回は勝利の女神をゲット!

先週の学習記録にも書きましたが、現在、他の用事を済ませるために、仕事の量を少なくしています。

運良くそこに、勝利の女神が来てくれました。

仕事量を減らしていなければ、この翻訳会社の案件を再度断ることになっていたはず…。

この案件を受注できたことが本当に嬉しくて、涙がこぼれてきました

もしかして、「初案件を断るような翻訳者はあてにできない」と思われてしまったかも、と心配していたので。

短めの案件ではありますが、すごく興味のある分野ですし、時間の許す限り調査や翻訳作業に力を注いでいきます。

すでに、Amazonで関連書類を購入したり、企業サイト、Youtubeなどで知識の習得を実施中。

気合入れて、頑張るぞ!!

今日の一言

You have set yourselves a difficult task, but you will succeed if you persevere; and you will find a joy in overcoming obstacles.

Helen Keller

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です